スタッフからのメッセージのメイン画像 採用情報 スキルアップサポート&キャリア支援 福利厚生&リフレッシュ企画
〜 メビウスの先輩スタッフからあなたへ 〜
スタッフからのメッセージの画像1
スキルゼロでも大丈夫。
先輩が優しく丁寧に教えてくれます。
入社前にシステム開発のスキルは、全くありませんでした。
入社してみて良かったことは、先輩方が大変優しく、かわいがっていただけたところです。
私の仕事は主にプログラムのテストです。日々新しい知識が増えることが、やりがいにつながっています。
テストをしていて障害を見つけたときには、何かを掘り当てたような感覚があります。障害が直ったことを確認したときも爽快感があります。
心がけているのは、わからないことをためらわずに質問すること。できるだけ同じ質問はしないように気をつけています。今後は「わからないことは、あの人に聞けばわかる」という存在になりたいです。
メビウスは、アットホームな社風ですから、人間関係を重視する方にはおすすめです。
三浦 萌(東京本社 第1システム部開発2課・入社2年目)
スタッフからのメッセージの画像2
もっと仕事を任せてもらいながら、できる先輩になりたいです。
新しいことに挑戦したかったことと、少人数でコツコツ作業するのに向いていたので、この仕事を選びました。
文系なのでスキルはありませんでしたが、入社後、わかりやすい研修制度があって助かりました。
仕事で困ったことがあったら、先輩方が丁寧に教えてくださる環境もありがたいです。
私は今、プログラム作成、システムテストなどを担当しています。プログラム作成を無事に終えた瞬間は達成感に包まれます。今後の目標は、プログラム作成をもっと任せてもらえるようになることです。
後輩も増えてきたので、後輩が気兼ねなく質問できるような存在になりたいです。メビウスには、優しい先輩方が数多く、働きやすい環境が整っています。
皆さんの入社をお待ちしています。
山本 英里奈(京都本店 第1システム部技術1課・入社4年目)
スタッフからのメッセージの画像3
後輩たちをサポートしながら、一緒に成長していきたいです。
人の役に立つ仕事がしたかったことと、コツコツやる仕事が向いていると考え、この仕事を選びました。
入社を決めたのは、出身学部を問わず研修を重視する、自社開発を主にする、社員を大切にすることに魅力を感じたからです。研修を終えても先輩方に指導していただけたので、とても心強かったです。
今私は大学職員向けの事務システムのWebサービス化を担当しています。実際にシステムが動いたときは、やはりうれしいです。プロ意識を常に持ち、新しい取り組みにチャレンジし、人との関わりを大切に仕事をしています。これからは主体的に行動して、プロジェクトを円滑に管理できるようになりたいです。
メビウスは人を大切にする会社です。一緒に成長していきましょう。
小寺 大輔(東京本社 第1システム部開発2課・入社8年目)
スタッフからのメッセージの画像3
お客様との信頼関係を築くためにはコミュニケーション力が必要。
スタートは皆同じ。成長意欲の高い人が入社してくれると嬉しいです。
主にプロジェクト進行の管理をしています。
SEはほとんど事務所にいることはなく、ミーティングで社外に出ていることが多い仕事です。スタッフの進捗状況を聞き出して把握するのも大切な仕事のひとつ。お客様のニーズに合ったシステムを仕上げるために、常に一歩先を見据えながら仕事をしています。
私はプログラマー時代に数多くのプロジェクトを経験しました。そこで学んだことは、チーム力の大切さ・コミュニケーション力の重要さでした。メビウスは上司・部下の風通しがとても良い会社です。「アットホームな職場」が私の入社の決め手でしたがその印象は今も変わりません。この会社で成長できたおかげでSEとして活躍できるコミュニケーション力が身についたのかもしれません。
入社時はみんな同じスタートです。経験がないぶん吸収する力が存分にあります。技術は入社してから。
一緒に頑張りましょう。
堀尾 昌嗣(東京本社 第1システム部次長)
人を育てる
当社の研修期間は6ヶ月です。日々変わり続ける業界に対応すべく見直しながら構成した、自慢のカリキュラムです。予備知識がなくても基礎から始まる研修で業務開始に備えます。
興味があれば始めてみませんか。日々、新しいことに触れられます。研修が終われば、学んだ知識、身に付けた技術を発揮してください、上司や先輩のフォローは、ずっと継続します。
ものをつくる
身の回りのものはソフトウェアで動いています。われわれがつくるのは、それらを動かす”大切な中のもの”。明るい雰囲気の中、自由な発想と新たなひらめきで”いいもの”をつくりましょう。
チームでものをつくり、達成感を共有できること。そして何よりも使っていただき、評価をいただくことが最大の喜びです。一緒にものづくりを始めてみませんか。
今の自分を越えて、前に進む気持ちを持ちましょう。
われわれに、その後押しをさせてください。当社は、人を育て、ものをつくります。
専務取締役 木村 眞佐夫

↑ページのトップへ